インプラントについて

インプラント治療には、危険が伴います。

適切なインプラント治療には、土台となる骨造りとメンテナンスは欠かせません。そのため、格安料金やお手軽治療を売りにしている歯科医院には注意が必要です。チタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込むには、しっかりとした骨が必要となります。人工歯根を埋め込むに相応しくない骨(骨密度・サイズ不足)の場合は、再生治療で土台の骨を作ることから始めなくてはなりません。これだけでも期間は半年はかかります。土台の骨が出来て、人工歯根を埋め込んだら、骨に定着するまでさらに半年かかります。人工歯根と骨が定着したら、結合部品(アバットメント)を取り付けて、やっと義歯の取り付けができるようになります。義歯を取り付けても、噛み応えを調整するのに、1週間ほど様子を見る必要があります。後遺症のない、きちんとしたインプラント治療を受けるのにかかる期間が1年は珍しいことではありません。歯肉の切開など外科手術を伴う危険なインプラント療法には、突然のアクシデントにも慌てず適切な処置が行える、治療経験が豊富な歯科医が安心です。歯科も医療です。命に関わることですから、料金やお手軽な視点だけで歯科医を選ばない様にしましょう。

sabu用置換

Copyright© インプラント All Rights Reserved.

インプラント治療には、危険が伴います。
インプラント